おがらの滝


おがらの滝

【読み】おがらのたき

【原題】雄賀良能多奇

引用:国立国会図書館 秋田叢書別集第3
引用:国立国会図書館 秋田叢書別集第3
  • 小型本、全52丁、絵47図
  • 明徳館本、辻家蔵

菅江真澄著作
 文化4年(1807)3月~5月の日記。
能代から山本郡岩館の笛滝を見にいく。
山本郷の村々を通り歩いて鹿角郡大湯をめざして出発した。
 
 タイトルの由来は能代常盤の『大柄の滝』から。
 文政5年(1822)に真澄は日記のほぼ全てを明徳館へ献納した。

関連アーカイブ・日記の道程

文化4年(1807)


関連リンク

◆収録資料

菅江真澄全集第四巻 日記Ⅳ

/菅江真澄著 内田武志・宮本常一翻訳

・菅江真澄遊覧記第1巻、第4巻

/菅江真澄 内田武志・宮本常一翻訳

国立国会図書館デジタルコレクション

秋田叢書 別集第3


最終更新:2024/4/3