男鹿の寒風


男鹿の寒風

【読み】おがのさむかぜ

【原題】牡鹿乃寒世

引用:国立国会図書館 秋田叢書別集第1
引用:国立国会図書館 秋田叢書別集第1
  • 小型本、全28丁、絵23図
  • 明徳館本、辻家蔵

菅江真澄著作
 文化7年(1810)7月~文化8年(1811)2月の日記。
7月中旬に男鹿半島の本山に詣で、8月27日 男鹿中村で大地震にあった。
 
 翌年1月は南秋田郡宮沢で正月行事をみてなまはげを描く。これが史上初めてのなまはげに関する記録とされている
 男鹿の秋風男鹿の春風男鹿の鈴風男鹿の島風の5冊を指して『男鹿五風』とも呼ばれる。
 
 文政5年(1822)に真澄は日記のほぼ全てを明徳館へ献納した。

関連アーカイブ・日記の道程

文化7年(1810)

文化8年(1811)

でわwiki関連リンク

◆収録資料

菅江真澄全集第四巻 地誌Ⅳ

/菅江真澄著 内田武志・宮本常一翻訳

・菅江真澄遊覧記第1巻、第5巻

/菅江真澄 内田武志・宮本常一翻訳

国立国会図書館デジタルコレクション

秋田叢書 別集第1


最終更新:2024/3/26